ダイヤの価値と評価

評価基準となる鑑定書と鑑別書について

鑑定書とは

 

「鑑定書」はダイヤモンドだけにつけられるもので、その評価方法は「4C」で構成される。

 

4Cとは、「カラット(重さ)」「カラー(色)」「クラリティ(透明度)」「カット」のことで、それぞれランク付けされ、この評価に応じて価格が設定されている。

 

しかし、実際にダイヤモンドを選ぶ際には、鑑定書がすべてではないと考えること。たとえばクラリティは何段階にも分かれているが、鑑定書で1〜2段階の差があっても、実際の石の美しさにはあまり影響がなく、その差がわかりにくいものである。

 

またカラーも、たとえばEランクとGランクでは、一般の人にはほとんど見分けがつかない。それなら、その分、ランクを落として大きな石を選ぶという選択肢も出てくる。

 

 

鑑別書とは

 

「鑑別書」はある程度高価な色石につけられるもので、購入した宝石が本物か否か、石の種類、重さ、サイズなど、それが持つ特性を専門化が科学的に鑑別して証明する。ただし、その色石のグレードが記されるわけではない。また、鑑別結果に間違った内容が記載されていたとしても、鑑別期間が保証をしてくれるわけではない。

 

したがって、知識の豊富な信頼できる宝石商を選ぶとともに、できるだけ選別の目を養い、自分の目でよく確かめること。鑑別書はその参考にする程度の心構えでいよう。