日本の宝石ルースネットショップについて

日本のネットショップが低価格で高級な宝石ルースを販売

検索サイトのGoogle、Yahoo、Bing等で「宝石ルース 通販」などと検索すると、無数のネットショップが紹介されます。大手有名どころをはじめ、会社概要も記載されていない怪しいところまでありますね。ただ、商品をじっくり見ていくと、大手で高価格で販売されているルースと同品質と思われるものが、名もないネットショップで売られているのです。

 

こんな一見だれも見てくれないようなネットショップでひときわ輝く宝石ルースをあつかえる理由はなんでしょうか。

 

それは海外ネット通販を利用して販売する個人が増えたことです。無数の宝石ルースが取引される米国やタイをはじめ、数々の国からネットショップがオープンされています。個人がここから直取引をして販売しているのですね。もちろん偽物をつかむんだり、輸送中に紛失するなどのリスクはありますが、それらさえ回避できれば日本国内で販売されているものと同等レベルのものを国内価格よりは安く買えるわけです。

 

国内で販売されているものは複数の業者が関わっているでしょう。一つの業者が関わるごとに手数料が発生します。関わった数だけ販売価格にはねかえってくるわけです。

 

大手販売業者に対して個人または少数精鋭のネットショップは仲介業者をほとんど介しません。例えば、こちらのタイのパートナーと密接に連絡をとりながら日本国内で数々の宝石ルースを販売するネットショップを回覧してみると、品質の高いものが低価格で販売されています。これは原石の加工から輸出までをワンストップで行ってくれるタイの業者と直接取引することで実現した価格です。

 

もちろん、大手と比較してブランド名や信用・信頼は低いですが、店長によっては最後まで丁寧な対応をしてくれるところも多々あるので、もし気になるところがあれば質問攻めにしてみるといいですね。疑問点が解決するまで対応してくれるネットショップは信用してよいでしょう。

タイの業者と提携して宝石ルースを販売する業者について関連ページ

ネットオークションのタンザナイトは本物それとも偽物
ヤフオクや楽オクをはじめ、多数の個人や業者が天然タンザナイトを販売しています。ただ、購入される際は真贋を見分けるのに苦戦するでしょう。オークション市場のタンザナイトの実状を紹介します。
男の宝石ジュエリーってどうなの?
ファッションのアクセントとして宝石をあしらったジュエリーをみにつけたいけど、男が身にまとうのってどうなんだろう?
輸出禁止が決定したエチオピア産オパールの価格・値段動向
エチオピアの政府高官によって発表されたオパール原石の輸出禁止。長期的にはオパールの裸石・ルース・ジュエリー・宝飾品全ての価格を押し上げるていくでしょう。
赤珊瑚で稼ぐ中国人、日本での価格や相場も高騰か?!
一攫千金を夢見て日本の小笠原諸島へ押し寄せる中国人漁師、中国人富豪が億単位の赤珊瑚を購入することから中国向け輸出量も増えています。さて、日本市場における赤珊瑚の販売価格や相場はどうなっているのでしょうか。
ヤフオクで販売されていた偽物ではない人工オパールについて