デマントイドガーネットの値段について

販売される場所で値段が決まる

デマントイドガーネットのホーステール

左の拡大写真、世界中のデマントイドコレクターを熱くするホーステールです。ロシア産のみに見られる内包物で、その希少性から、マダガスカルやナミビア産のものとは比較にならない市場価格になることさえあります。

 

デマントイドガーネットを含むカラーストーンには、ダイヤモンドのように価格を決定する基準がありません。これにより、販売場所によって相場が形成される傾向にあります。

 

ここでの販売場所は、実店舗やインターネット通販を意味します。数十年の歴史があり信頼と実績を誇る実店舗で30万円ほどの高値がついていても、価格競争が生じやすいネット通販では数万円ほどで販売されていることもしばしばあります。

 

 

 

それでも実店舗で購入される方々は、長年宝石市場と関わっている玄人さんでしょう。安い値段の宝石を求めるというより、店のスタッフさんとの長年の付き合いを大切にしていたり、たとえ高値であっても店のブランドを買っているようです。

 

 

 

ネット通販に目を向けてみましょう。例えば、国内最大級の通販サイトの楽天市場。こちらで「デマントイドガーネット ルース」と検索してみました。

 

実店舗で販売されているデマントイドガーネットをご覧になった方々はすぐにお分かりでしょう。それらと同等品質のものが、驚きの価格差で販売されています。通販以外の市場でデマントイドの相場を叩き込んできた方がこちらを見ると、あまりの安さに衝撃を受けるかもしれません。

 

 

 

なぜネット通販はここまでデマントイドガーネットの値段・価格が下がるのか?

 

 

 

次の3つの理由が考えられます。

 

  • 1.競合他社との価格競争に陥る
  • 2.店のブランド力がない
  • 3.ロシア産以外は現在も発掘されている

 

 

1.競合他社との競争について

先に紹介した楽天市場の「デマントイドガーネット ルース」検索結果をご覧いただくと、この商品タイトルで販売されているもの全てが表示されます。そして、安い価格順に一発クリックで並べ替えることができます。

 

こうなると希少性のない宝石は価格競争に陥ります。同じガーネットでも、スペサルタイトやロードライトは品質の高いものでも非常に安い価格で買うことができます。

 

デマントイドガーネットに関して言えば、ロシア産以外のものが結構安くなっています。他の宝石に比べたら価格競争とまでは言えませんが、それでも美しさの割りには安い相場が形成されています。

 

2.店のブランド力がない

いまからはお客さんの立場で考えてみます。無名の店よりも、少し高いお金を出してでも有名な老舗店で購入したくなりますよね。宝石は一生ものですし、ネット通販には偽物もあふれているので、信頼のおける店で安心してスッキリした気持ちで購入したいわけです。

 

老舗店はある種のブランドです。そのブランド価値が私たちに信頼をもたらし、他の店と同等品質の宝石の値段を押し上げていきます。

 

3.ロシア産以外は現在も発掘されている

現在、アフリカのマダガスカルやナミビアなどでデマントイドの原石が採掘されています。一方、ロシアの鉱山は閉鎖されており、現在市場に出ているロシア産はかつて採れたデマントイドガーネットです。

 

アンティーク品と同じように価格が形成されると考えてよいでしょう。ロシア産については今後も価格が下がることはないと思います。

ロシア産ホーステールが最高値をつける!

ロシア産デマントイドガーネットのなかでもホーステールインクルージョンが観察されるものは別格です。希少性が高いことから、「値段の上限がない!」は言いすぎかもしれませんが、ある意味俺さま価格がつけられています。

 

販売店の名前と同じく、宝石自身にも歴史的背景から生ずるある種のブランドがあり、デマントイドならロシア産と証明されるだけで、飛び抜けた値段がつけられていくのです。

 

中央宝石研究所さんではホーステールを拡大した内部世界分析報告書という通常の鑑別書とは異なるものを作成してくれるほどです。つまり、ホーステールの希少性が新たな儲けを生み出し、これを求める私たちがいるということを指しています。

 

 

さて、右のデマントイドは楽天市場で販売されているホーステール入りのロシア産になります。初めて見る方は、サイズの割に価格が高いように感じるかもしれませんが、ネット通販なのでこの価格ですんでいます。

 

実店舗ならもっと跳ね上がっていくでしょう。