エチオピア産オパールを販売する通販サイト

高値になる前に集めておきませんか?

政府関係者の発言によって長期的には高値推移が考えられるエチオピア産のオパール、多種多様な遊色を見せてくれるので根強い人気があります。

 

>> 輸出禁止が決定したエチオピア産オパールの価格・値段動向

 

王道のホワイトオパールは光の透過率が低いことから、外部から当たる光が反射されて色とりどりの遊色に変化して私たちの目に飛び込んできます。

 

透明度抜群のクリスタルオパールは、ホワイトのように遊色の強度は高くありませんが、ルース内部で揺らめく色合いにうっとり見惚れてしまいます。

 

ブルー系の遊色を基調とし、クリスタルタイプよりもさらに透明感に溢れるウォーターオパールは、目の前に水滴をたらしたような不思議な感覚、ブルーのオーロラが目の前に広がる錯覚を覚えるかもしれません。

 

そして、世界中のコレクターが血眼になって集めているハニカムオパール。整然とした蜂の巣構造の各セルから飛び出る遊色には、まさに蜂の巣の一つの穴から鉢が飛び出してくるような様子。宝石というよりも、まるで生きているかのように光を当てる角度によって変化する不思議な地球の産物です。

 

近年、原石輸出禁止の影響を受けてエチオピアの隣国であるスーダンの南地方で採掘されるオパールにも注目が集まっており、日本の業者も取り扱い数量を増やしている傾向にあります。

 

いまのところエチオピア産の末端価格に変化はありませんし、もし高騰したらスーダンさんも見分けがつかないので、こちらで代替してもいいですね。

 

エチオピア産の遊色が素晴らしいオパールを探していたところ、かなりの品数を取り扱っている通販サイトがありましたので、ご興味ある方は参考にされて下さい。

 

>> エチオピア産オパールが豊富な通販ショップ

 

2ct未満は少なくて3ct以上が多いですね。スモーク処理されたブラックも扱っているので、オーストラリア産が高過ぎるようでしたら、こちらにしてもいいかも。

 

動画も準備されていて、写真では表現しきれない天然の遊色が再現されるようにしているので安心できます。