ダイヤモンドの選び方や産出

眩い輝きで人々を魅了するダイヤモンド

宝石の中でも最も硬く、世界中の人々を魅了してやまない石、ダイヤモンド。鉱物学的には鉛筆の芯と同じ炭素の塊で、高度は最高だが、靭性はルビーやサファイア、ヒスイよりも低い。衝撃が加わると一定の方向にスパッと割れる脆さ(劈開性)がある。

 

一般にダイヤモンドは無色透明と言うイメージがあるが、実は窒素やホウ素といった微量の不純物を含んでいる。そのために、黄色や褐色などのかすかな色を帯びていることも多い。

ダイヤモンドの選び方 - 4つのCで価値と価格が決まる

市場に流通するダイヤモンドは、すべてカラー(Color: カラー)、クラリティ(Clarity: 透明度)、カット(Cut)、カラット(Carat: 重さ)の4つの評価基準で判定されている。これらの頭文字をとって「4C」と呼ばれており、それぞれの観点から綿密に等級分けがなされ、客観的な格付けがされる。その結果が鑑定書にも記載され、同時に価格が決定されるシステムになっている。

 

ダイヤモンドを選ぶ際には、鑑定書を参考にしつつ、石の大きさ、色味、輝きの3つをポイントにすることである。

 

石の大きさは、カラットを単位とする。カラットは重さを示す単位で、1カラットは0.2グラムである。このカラット数が高いと、評価が高くなる。

 

色に関しては、肉眼で無色透明に見えるダイヤモンドのほとんどは、実は黄色みを帯びていることが多く、そのため日本では、米国宝石学会が定めたカラーグレードを基準に等級を分類し、アルファベット順に最高ランクDからZまでグレーディングされている。Dは蒸留水のような無色透明で、Zに近づくほど黄色に近い色合いになる。

 

上級とされるのはD〜Hカラーまでのもので、このクラスになると肉眼ではほとんど色の差を判別できない。

 

輝きは、英語で「ブリリアンシー」と呼ばれて、クラリティーとカットに左右される。輝きを阻害する要因の多くはキズや内包物の多さと考えがちだが、肉眼で確認できない程度のキズや内容物では、輝きはあまり損なわれない。

 

輝きはむしろ、キズや内容物以上にカットに左右されることが多い。カットがきれいであればブリリアンシーはアップする。

 

これは鑑定書に「カットの総合評価」として記載されているので、必ず確認しよう。最新の基準では5つの段階に分けて評価されている。

 

また、カットの形態にはいくつかの種類があり、多いのは丸形にカットをするラウンドブリリアントカット。これは最高の屈折率を誇るダイヤモンドに最も適したカットといわれている。

 

ほかにハートシェイプやペアシェイプなど、かわいらしい形状で人気が高まっているものもある。

ダイヤモンドの産出動向 - 産出国も多く、生産・価格ともに安定

一般のダイヤモンドの産出量は一定で、価格も安定している。ただ最近、中国やインドの富裕層増大に伴って需要も拡大し、大粒の良質品の価格は年に1〜2割程度上昇している。

 

一方、ファンシーカラーは、ごく限られた鉱山でしか採掘されず、その希少性から価格は高額になること必死だ。ただし現在、市場に出回っているファンシーカラーダイヤモンドのほとんどは熱処理されたもので、こちらは価格も安定している。